石綿作業主任者

安全対策工事・工法規格・法律

以下が、石綿作業主任者の役割
①作業に従事する労働者が石綿等の粉じんにより汚染され、またはこれを吸入しないように、作業の方法を決定し、労働者を指揮し、②局所排気装置、プッシュプル型換気装置、除じん装置その他労働者が健康障害を受けることを予防するための装置を、1ヶ月を超えない期間ごとに点検、③保護具の使用状況を監視する主任者。
なお、石綿含有建材の改修工事を行う場合、同技能講習修了者のなかから選任することが必要。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる