石綿含有建材のレベル

安全対策工事・工法

石綿含有建材の発じん性の度合いによって分けられたレベルのことで、レベル1~3に分類されている。
レベル1は、もっとも飛散性の高い綿状の石綿含有吹付け材に分類される。
レベル2は、主にシート状の石綿含有保温材、断熱材、耐火被覆材に分類される。
レベル3は、それ以外のアスベスト含有建材に分類され、主に板状の住宅屋根用化粧スレート・窯業系サイディング・ロックウール吸音天井板などが該当する。

また、同じレベルに該当する石綿含有材でも、建築物等の解体等における作業方法(手バラシか、機械による解体か等)によっても、発じん性の度合いが異なる。そのため、石綿含有建材の材料レベルは目安としつつ、劣化状況・作業方法等を十分に考慮する必要がある。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる