石綿粉じん飛散防止処理技術指針

安全対策工事・工法

国立研究開発法人建築研究所・日本建築仕上材工業会が関係各省・各種団体と共同作成した石綿粉じん飛散防止処理技術の指針書のこと。
指針書の目的は、既存建築物の内装および外装仕上げに、重量の0.1%を超えて石綿を含有する建築用仕上塗材が施工されている場合の改修工事および解体工事において、既存仕上塗材層の処理方法に関する基本的事項を示し、石綿粉じんの適切な飛散防止処理に資することである。

URL「https://www.nsk-web.org/as.html+&cd=1&hl=ja&ct=clnk&gl=jp」

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる