防火認定

安全対策建材規格・法律

火災などが発生した際、避難時間を確保することを目的に、建築物に使用される材料の防火性能をランク別に国土交通大臣が認定すること。また、認定を取得した防火材料には認定番号が発行される。
さらに、認定材料は防火性能が高い順に不燃・準不燃・難燃の3種類に分けられており、使い分けは建物の規模や用途などに応じて建築基準法の内装制限に準じる。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる