シーリング材の体積損失

シーリング材劣化症状・劣化要因性能

シーリング材打設直後と硬化後で体積が変化(減少)し、打設直後の体積より収縮してしまう現象のこと。
JIS A 5758(建築用シーリング材)の「10%以内」が基準となる。
なお、長期的には可塑剤の揮発により硬化と体積損失が発生する。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる