シーリング材の打設直後の硬化による肉やせ

シーリング材劣化症状・劣化要因不具合

シーリング材の肉やせの1種。
シーリング材打設後、硬化中に含有する揮発性有機化合物や反応生成物が揮発することで体積変化(体積損失)が発生し、施工直後の体積よりも収縮すること。
一般的に5%前後が減少する。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる