シーリング材の破断

シーリング材劣化症状・劣化要因不具合

シーリング材の劣化症状の一つ。
シーリング材目地の劣化の1つでシーリング材の真ん中近くから縦に切れる現象。発生する要因として経年劣化による固化、想定外の地震や強風などの外部からの衝撃、日々の建材の変形(膨張、反りなど)、施工不良などの複合が挙げられる。
破断箇所から水が浸入し、建物の劣化に繋がる可能性があるため、シーリング打替えなどの補修が必要である。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる