シーリング材の硬化不良

シーリング材不具合

シーリング材の不具合症状の一つ。
2液のシーリング材を打設後、数日経っても指に付いてくる状態やダレてしまう現象のこと。シーリング材の硬化不良は2液のシーリングのみで起きる現象であり、主剤と硬化剤の比率が違う、適切な撹拌がされていないなどで主剤と硬化剤がうまく反応できていない場合に発生する。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる