大気汚染防止法

規格・法律

大気汚染に関して、国民の健康を保護するとともに、生活環境を保全することなどを目的として、昭和43年に制定された法律。
健康を保護し生活環境を保全するうえで、維持されることが望ましい基準「環境基準」を設け、工場等から排出・飛散する大気汚染物質の排出者(企業など)はこれを守らなければならない。
日本の高度成長に起因した四大公害の一つ「四日市喘息」に端を発している法律。
最近の大気汚染関連では、「自動車排ガス規制」などがある。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる