研磨材の粒度

工具・備品工事・工法

「研磨材の粒度」と同義語。
サンドペーパーなど研磨材の目の粗さの指標。#(シャープ)+数字で表され、数字が大きくなるほど粒子の大きさが小さくなり、研磨した際になめらかな表面になる。番手の大きさによって「粗目」「中目」「細目」「極細目」と4つのカテゴリに分けられる。
粗目は#40~#100、中目は#120~#240、細目は#320~#800の番手を指し、主に木工で使用される。
極細目は#1000~#2000の番手を指し、耐水ペーパーと呼ばれ、金属やセラミックスの研磨に使用される。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる