働き幅

屋根

屋根を葺くとき、左右の瓦同士の 重なる部分を除いた実際に暴露されている瓦の幅のこと。屋根の軒、棟に対して瓦の垂直方向のことを指す。重ねやはぜ組みなどのために屋根材の寸法より、働き幅は小さくなることがある。利き幅、働き代とも呼ばれる。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる