入母屋屋根

屋根工事・工法建物部位

上部が切妻屋根、下部が寄棟屋根の形状をした屋根のことで、寺院などに多く用いられている。
風の影響を受けにくく耐久性が高いのが特徴だが、複雑な形をしていて接合部が多いため雨漏りリスクが高い。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる