屋根材の係数

屋根工事・工法

屋根材の曲線の部分や凹凸を含めた表面積を数値化したもの。縦の長さと横の長さを掛け算して、更に屋根材の係数を掛け算することで、屋根の正確な面積を算出できる。
特に折板屋根の係数は、約1.4~1.7と大きな係数となり、塗料使用量、労務費などに大きく影響するため、見積段階で計算する必要がある。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる