カラースラリー層

工事・工法屋根塗装 塗装の現場から 2022.04.18 (最終更新日:2023.11.09)

「スラリー層」と同義語。
モニエル瓦表面に約1mm厚に吹き付けた着色層のこと。
セメント、無機質の顔料、水を混ぜたペースト状にしてモニエル瓦表面に吹き付けされる。
モニエル瓦の劣化が進行してくると脆くなり、膜厚が厚いため下塗材では固着しきれない。そのため、モニエル瓦を塗装する際は念入りに既存のスラリー層を除去する必要がある。
脆弱なスラリー層が残っているとスラリー層と一緒に塗装が剝れる危険性がある。

関連記事
塗替え工事にご注意!特殊な塗膜の窯業系サイディングの改修方法
塗替え工事にご注意!特殊な塗膜の窯業系サイディングの改修方法
近年の戸建て住宅において最も普及率が高い外壁材は「窯業系サイディング」です。 実際に「塗替え工事をする施工実績の大半は窯業系サイデ
続きを読む

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界チャンネル
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介