オートクレイブ養生

工事・工法

高温高圧蒸気の釜の中で行う養生。
ALCは、半硬化状態で脱型、切断後、180℃10気圧の高温高圧蒸気の中で10時間養生して製造する。
また、コンクリート2次製品の製造では、早期出荷を目的に脱型後にオートクレーブ養生で早期強度発言に用いる。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる