塗膜の浮き

劣化症状・劣化要因不具合

塗膜が塗装面から膨れ上がる不具合のこと。
主に塗膜の劣化、下地材と下塗材の付着不良、下地の水分などの原因によって発生する。

補修方法としては、塗膜の浮き箇所周辺を皮スキやスクレーパーなどでケレン除去し、模様合わせ・タッチアップ補修を行う。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる