耐アルカリ性

試験性能塗料

外壁用や屋根用塗料での耐アルカリ性とは、コンクリートなどセメントを主成分にしている下地からの影響となるアルカリ性物質(酸化カルシウム,水酸化カルシウムなど)に対して、塗膜の剥離や変退色が発生しないため、塗料に求められる性能。
JIS規格掲載試験方法:水酸化ナトリウム水溶液に168時間浸したとき塗膜表面に異常がないこと、セメントやコンクリートのアルカリ水に塗膜表面に異常がないこと

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる