コールドジョイント

不具合外壁建材 2022.08.09 (最終更新日:2023.04.12)

コンクリートの新築工事の時に発生する不具合現象の一つ。
流し込んだコンクリート表面が乾燥しはじめ、または空気をかんで、後から流し込んだコンクリートとの間が完全に一体化していない継目で、打ち重ね部分に不連続な面が形成されること。また、計画されたつなぎ目の部分は「打ち継ぎ」と呼ばれる。

関連記事
貼りタイルの白華現象(エフロレッセンス)の発生原因から除去方
貼りタイルの白華現象(エフロレッセンス)の発生原因から除去方
戸建住宅や集合住宅など「貼りタイル」を使用している物件の建物調査の際、貼りタイルの目地モルタルから白い汚染物が発生している状態を目
続きを読む

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界チャンネル
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる