ドイツ壁

外壁塗装工事・工法

外壁材の仕上げ方の一種。
日本では、ササラと呼ばれるホウキのような工具を用いて、練ったモルタルを施工面に飛ばしてぶつけることで成形される、リシンやスタッコより大きな凹凸の立体感の出る仕上げ。
エアーコンプレッサーがない時代であるため、現在で言う仕上塗材のセメントスタッコを吹付けではなく、手動で飛ばして仕上げる大柄なスタッコ吹き放し仕上げ。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる