ピンネット工法

外壁工事・工法

鉄筋コンクリート躯体の仕上材(モルタル・貼りタイル)の剥落を防止する工法。
ひび割れなどで剥落の危険性がある既存モルタルなどにプライマー塗り、中塗り、ネット貼り、ピン固定、中塗りの順で施工を行う。浮き部位をエポキシなどで注入する工法ではなく、ネットを併用して局部的にコンクリートまでピンを打ち込み定着させる剥落防止工法。
全国ビルリフォーム工事業協同組合や一般社団法人外壁複合改修工法協議会などが推奨している。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる