下塗材の選定間違いによる塗膜剥離

塗装不具合塗料

下地材や既存塗膜を見間違えた状態で、適していない下塗材を施工してしまったことで塗料が剥離する現象。
よくある事例として「金属屋根と塩ビ鋼板」、「カラー鋼板とフッ素鋼板」などを見間違え、一般的な錆止め塗料を塗ってしまうなどがある。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる