不陸調整

塗装工事・工法

不陸と呼ばれる凸凹した状態の部分を平滑にする作業工程のこと。
凸部分は削り、凹部分はモルタルやレベリング材等で埋め補修を行う。コンクリート面などの下地に巣穴や凸凹がある場合、そのまま次の工程を行うと、ピンホールの発生や凹凸が残り、仕上がりに悪影響が出てしまう。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる