工程間隔時間超過による塗り重ねによる塗膜剥離

塗装不具合塗料

2液の反応硬化形塗料や湿気硬化形塗料で発生する現象。施工後規定の工程間隔時間を大幅に超過した場合、塗膜表面が安定(不活性)になり、次工程の塗料の付着不良が起こり剥離する。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる