水性下塗材の浸透固着不足による塗膜剥離

塗装不具合塗料

脆弱な下地や既存塗膜に浸透固着力に劣る水性下塗材を塗装したことで塗膜剥離が発生する現象。
水性塗料は樹脂が粒状のため、樹脂が溶解している溶剤系塗料のように浸透しない。
特に劣化してケレン不足の屋根材(スレート瓦・モニエル瓦)に対して、発生しやすい。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる