難付着系塗膜への塗替えによる塗膜剥離

不具合塗装工事・工法 塗装の現場から 2022.06.24 (最終更新日:2023.11.10)

外壁材が難付着系だと判断できずに、一般的な下塗材を塗装して付着不良によって剥離する現象のこと。
難付着系塗膜かの判断材料として、経年後(一般的な塗料の塗り替え時期)でも塗膜に艶が残っている、チョーキングが発生していないなどが挙げられる。

アステックペイント製品では、下記の難付着系塗膜へに下記の下塗材製品を使用できる。
弱溶剤2液:エポプレミアムシーラープライマーJY
水性2液 :プレミアムSSシーラープライマー
注意点として、光触媒系には白色の下塗材を使用しなければならない。透明の下塗材を用いると紫外線の透過により光触媒反応で剥離の危険性がある。

関連記事
これで安心!光触媒の塗膜を塗り替えるための最適な方法
これで安心!光触媒の塗膜を塗り替えるための最適な方法
高いセルフクリーニング機能持ち、汚れを洗い落とす特徴を持つ光触媒塗料。「ずっと外壁を綺麗に保ちたい」という施主様のニーズが高まって
続きを読む

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界チャンネル
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介