ダメ拾い

工事・工法塗装 塗装の現場から 2022.09.26 (最終更新日:2023.11.13)

「タッチアップ」・「補修塗り」・「ダメ直し」と同義語であり、塗装職人の符丁の一つ。
塗装して仕上げた後、その塗膜に傷・汚れ・塗り残しなどがある際に、部分的に同じ塗料で補修塗りをすること。この作業方法によっては、色ムラや艶ムラが発生する場合もあるため、ぼかし塗り・見切りの良い面で塗るなどの注意が必要である。

関連記事
高耐候型ハイクラスフッ素塗料「フッ素REVO1000(-IR
高耐候型ハイクラスフッ素塗料「フッ素REVO1000(-IR
フッ素REVO1000-IRはアステックペイントが販売する「高耐候型ハイクラスフッ素塗料」。従来のフッ素塗料以上の耐候性を発揮する
続きを読む

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界チャンネル
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介