耐薬品性

性能塗料

酸、アルカリなどの対象薬品の溶液に、塗膜が接触しても変化しにくい性質のこと。
一般的にエポキシ樹脂系の塗料は耐薬品性に優れているものが多い。耐薬品性の試験法は2つに大別される。
「結果を定量的に知る方法」では、塗膜を所定の薬品に浸漬したのち、その塗膜の絶縁抵抗や破壊電圧、重量の増減ほかを測定する。
「結果を外観の観察のよって判断する方法」では、塗膜を所定の薬品に浸漬したのち、塗膜のしわ、膨れ、割れ、剥がれ、色・つやの変化、膨潤、軟化ほかの状態を観察する。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる