光化学スモッグ

安全対策

自動車や工場などから排出された排気ガスに含まれる「窒素酸化物(NOx)」や「揮発性有機化合物(VOC)」などが紫外線によって化学反応を起こすことで発生する「光化学オキシダント」が、薄まらず滞留する現象。
日差しが強い、気温が高い、風が弱い等の気象条件が重なった際に、発生した光化学オキシダントが白い靄のような状態になることがある。
また、この光化学オキシダントには、オゾン(O3)やアルデヒド(-CHO)など、人体に悪影響を及ぼす物質が含まれ、濃度が高い光化学スモッグが発生した場合、目や呼吸器などの粘膜を刺激して、健康に影響を及ぼす可能性がある。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる