転落

安全対策

足場などに接しながら高所から地面に落下する事故のこと。
日本救急医学会の定義では「階段や坂道などに接しながら落ちること」とされている。
工事現場では墜落・転落を防止するために、2m以上の高所での作業では基本的にフルハーネス型の安全帯の着用が義務付けられている。
例外として、高さが6.75m以下の場合にのみ腰ベルト型の使用が認められている。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる