ブリード

シーリング材劣化症状・劣化要因不具合

シーリング材などでは、使用している樹脂の柔軟性を長期間維持するため、可塑剤を配合しているものがある。この可塑剤が経年で徐々に分離し、表面に染み上がってきたり、接触している樹脂を含んだ塗膜などに移行する現象が発生する。この現象をブリード現象と言う。

ブリードが発生すると、表面に粘着性が出て汚染したり、症状が著しい場合は塗膜などが液状になり流れ落ちることもある。
シーリング材の上に塗装を行う場合は、ノンブリードタイプのシーリング材を用いることを推奨する。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる