縁切り不足による膨れ

不具合屋根塗装 塗装の現場から 2022.04.18 (最終更新日:2023.11.09)

スレート屋根に発生する劣化症状のこと。
スレート瓦の上下段の縁切りが十分になされていない場合、左右の突き付け部から浸入した降雨が排出されず、毛細管現象によりスレート瓦の裏面に広がって溜まり、瓦の裏面が水分を吸う。
その湿気が熱によって気化、蒸発する際に塗膜を裏から押し上げ、膨れ上がってしまう現象のこと。

関連記事
塗替え工事にご注意!特殊な塗膜の窯業系サイディングの改修方法
塗替え工事にご注意!特殊な塗膜の窯業系サイディングの改修方法
近年の戸建て住宅において最も普及率が高い外壁材は「窯業系サイディング」です。 実際に「塗替え工事をする施工実績の大半は窯業系サイデ
続きを読む

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界チャンネル
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介