張りタイルの浮き

外壁劣化症状・劣化要因不具合

張りタイル物件の不具合症状の一つ。
一般的な鉄筋コンクリート造の張りタイル仕上げは、下地から鉄筋コンクリート、モルタル、貼付けモルタル、張りタイルになっており、ひび割れなどから雨水が浸入して、いずれかの界面で接着不良が発生して浮きになる。
放置することで、タイルの剥落に繋がるため危険な状態である。大規模修繕工事では打診棒による打音検査で浮いている箇所を特定し、張替えやエポキシ樹脂のピン注入工法などで補修する必要がある。

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界TV
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介
閉じる