軽量気泡コンクリート

建材外壁 2022.05.23 (最終更新日:2023.11.10)
image

「ALC」の日本語名。 1920年代にスウェーデンで開発され、世界各国で使用されている外壁材「ALC(Autoclaved Lightweight aerated Concrete)」
日本国内では現在、旭化成建材株式会社、クリオン株式会社、住友金属鉱山シポレックス株式会社の3社が生産している。 軽量気泡コンクリートパネル(以下、ALCパネル)はJIS規格(JIS A 5416)に適合製品で、厳しい生産管理のもとで品質および寸法精度が守られいる。

ALCパネルは珪石・セメント・生石灰・発泡剤を主原料とし、発泡させ、高温高圧で養生して成型をした外壁材。有害物質ゼロで、アスベスト、トルエン、キシレンなどの揮発性有機化合物(VOC)、クロルピリホスやホルムアルデヒドをまったく含んでいない。このため、使用面積の法規制を受けない。

ALCパネル内部に無数の気泡があるため「断熱性・遮音性」に優れている。表面の気泡をフィラーなどで充填後、リシン・吹付タイル、多孔質ローラーによる波状模様などが仕上材として施工される。 ALCパネルの塗装工事を行う場合は、外壁面の塗装工事・目地部のシーリング材の打替工事が必要となる。 また、欠損やひび割れが発生している場合は、下地補修を行う必要がある。

アステックペイント製品では、下記の下塗り材製品を使用できる。
・チョーキングが発生している場合:エピテックフィラーAEⅡ、ホワイトフィラーAⅡなど
・仕上材が激しく劣化している場合:エポパワーシーラー+エピテックフィラーAEⅡなど
・旧塗膜がフッ素、無機の場合: プレミアムSSシーラープライマー
・旧塗膜が光触媒の場合: プレミアムSSシーラープライマー(白のみ)

ALCのひび割れが発生している写真。
関連記事
貼りタイルのエフロレッセンス(白華現象)の除去方法を徹底解説
貼りタイルのエフロレッセンス(白華現象)の除去方法を徹底解説
戸建住宅や集合住宅など「貼りタイル」を使用している物件の建物調査の際、貼りタイル目地のモルタルから白い汚染物が発生している状態を目
続きを読む

Facebookコメント

記事カテゴリ

  • 塗装業界チャンネル
  • 営業活動レポート
  • 経営サポート
  • 塗装の現場から
  • 代表コラム
  • 製品紹介